独りで学んでも意味がない!?

独りよがりは命取り! 通信講座の助けを借りよう

私の場合、試験勉強を始める前から通信講座を受けようと心に決めていました。
書店で市販のテキストをぱらぱらと立ち読みしたとき、内容がまったく理解できず、どの本が良いのか1人では選ぶことすらできなかったからです。
試験に必要なテキストを1からすべて揃えてくれて、勉強の仕方まで教えてくれるプロがいないと、私には試験勉強を始めることさえできませんでした。
そこで、資格スクールに通学するのは時間的に無理だったので、家でできる通信講座にしようと思ったわけです。

今考えてみると、私の人生において、この選択だけは賢かったなあと我ながら感心します。
社会保険労務士試験は、独学で合格することは難しいのです。
テキストや問題集を揃えたり、最新の法改正情報をチェックしたり、模擬試験を申し込んだり……。自力でしなければならないことがたくさんありすぎて、試験勉強になかなか集中できません。
自分の勉強がどれぐらい進んでいるのか、どれぐらいのレベルにあるのか、まったく分からないので、不安なままに余計なテキストを買い足すことが多くなって、結局すべて中途半端で終わってしまったという話も聞きます。
独学で合格するには人の倍以上の努力と時間が必要になりますので、強靭な精神力や、執念がある人ならいいですが、普通の人にはあまりおすすめできません。
少々の出費は覚悟してプロの勉強法に身をゆだねる以外選択肢はないと考えましょう。
書店で何時間も立ち読みして、市販のテキストや問題集を選ぶ時間と労力があるのでしたら、自分に合った通信講座を選ぶことに集中した方がより効率的なのです。

>> 知識が無くても低合格率の社労士試験を突破する方法とは?